9000系・9300系

2008年10月18日 更新

京都線仕様の9300系は2003年にデビュー、神戸・宝塚線仕様の9000系は2006年にデビューしました。 既存車に対して妻面屋根に特徴的なデザインが施され、窓が一連窓になりました。 近代阪急のデザインの元となる2000・2300系から様変わりしましたが、 マルーン+アイボリー塗装、妻面貫通扉のアルミ板、アルミ枠の窓は継承されています。 現在までに9300系は三次車までデビューしています。相違点は以下の通りです。

項目9000系9300系一次車9300系二次車9300系三次車
行先表示フルカラーLED←同じフルカラーLED
前照灯2個一体型2個分離型2個一体型←同じ
側面窓縦幅1040mmより幅狭1040mm←同じ1040mmより幅狭
車体幅(MAX)2750mm2800mm←同じ←同じ
車体高(MAX)4095mm4095mm←同じ←同じ
車体長(MAX)19000mm18900mm←同じ←同じ
車内案内表示器フルカラーLCDカラーLED←同じフルカラーLCD
網棚棒状板状棒状←同じ
座席ロングクロス←同じ←同じ

9000系

9000列車
2006年7月31日にデビューしました。京都線の9300系の車体・車内デザインをベースにしています。 9000系のロングシートには仕切(3/2/3又は2/3人)が設けられており、全員がゆったり座れるよう配慮されています。神戸線・宝塚線で運用されています。
9300系 一次車
9300列車・屋根部分
9300列車・屋根部分(初代行先表示幕)
 2003年10月14日に京都線の特急電車である6300系の後継としてデビューした、一次車の9300系です。6300系が観光向けであるのに対し、9300系は通勤用途も考慮した設計になっており、クロスシート採用であるのは同じで、扉数は3扉に変更されています。また、車両設計はアルナ工機から日立製作所に変更されております。
 車内には、貫通路に自動扉を採用されたり、間接照明を採用されたりなど、既存の阪急車とは異なる設計も採用されています。 現在は、通勤特急・快速急行など全ての種別として運用されています。
 現在の行先方向幕は、文字が一回り小さいタイプに変更されており、後でデビューした二次車の9300系と同型になっています。
9300系 二次車
93001列車・屋根部分

 2005年3月にデビューした、二次車の9300系です。一次車に対して、2つに別れていた前照灯部分が1つになり、行先方向幕が一回り小さい文字に変更されております。また、特徴的な屋根部分に見られたネジ穴などが無くなり、すっきりしたデザインになっています。
9300系 三次車
9304列車・屋根部分

 2008年6月にデビューした、三次車の9300系です。二次車に対して、行先方向幕がLEDに変更されており、車体寸法の差異を除けば9000系と同じデザインになっています。 また、車体側面窓の縦方向の幅が縮小されています。
 車内には9000系と同様車内案内表示器にフルカラーLCDが採用されています。また、車端部のロングシート部の背もたれが高めになり、座り心地が改善されています。

戻る